個人民事再生の手続きで精算中のキャッシング

スポンサーリンク

個人民事再生の手続きで精算中のキャッシング

300万円ほどの借金を個人民事再生の手続きで精算しようと思っています。実は今一つの会社だけ支払いが遅れています。そして督促されているのですがこの状況で弁護士さんにお願いして手続きを取ってもらい弁護士が介入したというお知らせを先方に送ったとしたら、今回の延滞に対する取立も終わりますか?いま本当にお金がなくてその支払いをする目処が立たないです。

別のキャッシングローンを組んでそのぶん払うことはできなくはないですが、個人民事再生を手続きしている最中に、他の所からキャッシングするなんてちょっと不謹慎ですよね。
弁護士さんからこのの借金については個人再生の手続きをしているので弁護士事務所を経由で連絡してくださいと通知をしてくれると思いますが、まともな金融機関であればその連絡を受けたら取り立てを一時的に停止します。そしてそれと共に弁護士からの通知を受け取った金融会社は、当事者の氏名などの情報を個人信用情報機関に記載することになります。連絡がくるはずです。これは要するにブラックリストに載せましたよということですよね。個人再生は任意で行うものですから弁護士さんと金融機関同士の話し合いが決裂してしまえば再生は失敗です。その場合は次に自己破産を検討していくことになると思います。
家族がさてをしていたことがあるので分かりますが家の無料相談て行っていますよね、そこで色々聞きました。弁護士さんに現状を全部話されたらどうでしょうか。弁護士費用の支払いがきついのであれば分割にしてもらえますよ。個人再生ということになればきちんと返済をしている必要はありますが今月々返済している額よりもずっと楽になります。うちは弁護士から指導を受けてその通りやっていたところ月の返済が以前は8万円から10万円くらいでしたが現在はだいぶ楽になり再生計画の返済している額を差し引くと黒字になりつつあります。うちも相談する前は、今ある借金を別のキャッシングローンで借りて返すなどということを繰り返しており、そのせいでどんどん借金が膨らんだという経緯があります。自己判断でそういったことをされずに弁護士に聞いてくださいね。とりあえず返済日を何日か遅らせるという手続きもしてくれますよ。
弁護士が入って各金融機関に通知をしてくれるとそれは要するにあらゆる取り立てや連絡は今後本人にはしてはいけないと言う法的な拘束力を持った通知になるわけです。ですからまともな金融機関であれば連絡を受けた時から本人に取り立てをしたり何らかの手続きをしたりすることは違法となります。民事再生は任意整理と違って法的な措置になります。任意整理は金融会社との交渉によって若いをするということですが民事再生は法的拘束力を持ちます。個人民事再生は小規模個人再生及び給与所得者等再生があります。小規模個人再生では金融会社など借金の債権者が合意してくれないといけません。さらに債権者の数の半数あるいは借金の全額の半分以上をもっている金融会社がに同意することが条件となっております。一方給与所得者等再生については機関など借金の債権を持つ人の合意を取り付ける必要はありません。裁判所が決定するという行為のみで再生計画が認められるということです。いずれにせよ、弁護士さんに相談して辞めるよう通知を出していただきましょう。それなのに金融会社から連絡が来たらすぐに弁護士に伝えてください。債権者の方に何か連絡したいことがあるときも同じく自分自身で連絡してはいけないです。必ず弁護士とやり取りをするようにしてください。

イオンカードの審査が落ちた

イオンカード、WAON 一体型のカードを作ろうと思いまして書類を整えて申請をしたのですが、先方の会社から、今回は発行できないという連絡が届きました。落とされた理由がよくわからないので確認の連絡をしてみました。しかしはっきりとは答えてくれません。なんだか曖昧な返事で、具体的な理由は教えてくれませんでしたし書類の不備でもなく、もし審査にどうしても通りたければどのようにすればいいのかも教えてはくれません。また同じ時期に、地元のスーパーのカードに申し込んだらきちんと発行されました。もう一つ違うカードを頼んだのですが、それもされたのでイオンカードだけ審査が厳しいのかなと思ったのですがでしょうか?
同じような時期に別の会社に何枚も何枚もクレジットカードの発行を申請したわけですか。自己破産に陥りそうな人や多重債務で今ある借金をクレジットカードで払おうとしている人と思われたのではないでしょうか。信用情報を見ればどの時期にどれだけカードの申請をしているのか各金融会社はわかるはずです。なので同時期に何枚もクレジットカードを申し込んで、一気にお金を借りて、そしてすぐに自己破産するという人と思われたのかもしれません。またクレジットカード会社の担当者はカードの審査落ちした理由を本人には伝えないです。カードの発行基準も申請者に伝える義務はないので曖昧にされることの方が多いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする