クレジットショッピング枠での借金で自己破産

スポンサーリンク

クレジットショッピング枠での借金が膨らんでしまった

私はカードをたくさん持っていてクレジットカードによるショッピングをしまくっていました。気がついたらリボ払い文約250万円キャッシングによって約100万円くらい、合計で350万円の借金があります。もう私は買い物中毒だなと自覚していて今治療もしています。カードの会社と契約した時は、まだ買い物依存症の症状も重くなく、しかも正社員で働いていたので安定した収入がありました。しかし今はパート勤務になってしまいましたし、今までのストレスがあってか買い物依存症が加速してしまった状態です。治療はしていますがなかなか治らずストレスを感じるとどうしても買い物してしまうそんな毎日です。カードは MUFG、アプラスカード、ニコス、UC、SC コメリカード、セゾンカードなどです。15万円ぐらい支払っているのですがパート代は1ヶ月13万にも満たないです。あので完全に赤字状態。給料では全然足りないのでキャッシングをして以前の借金を返すというようなことをしています。それでもパートのストレスがあってたまにショッピングで散財してしまいより一層リボ払いの負担が増えてしまっているのです。もうここまで来るとキャッシングにも限界が来て、自分ではどうもできず、親に相談しました。親にはすごく迷惑をかけ心配もされましたが、親が一生懸命金融関係に詳しい人に相談してくれて借金を整理する方法を考えてくれました。それによると私は浪費が多く買い物依存症といえども問題があるので自己破産ではなく個人再生の方が良いのではないかということになりました。私が持っているカード会社に受任通知を送り、現在裁判所に申請をしております。本当に自己嫌悪です。買い物依存症をどうしても止められない、クレジットカード中毒である自分が情けないです。カード会社にも迷惑をかけてしまって申し訳ない。でもやっぱりクレジットカードをまた新たに作りたいという気持ちもあります。個人再生をしているとブラックリストに載っていますよね。ブラックリストに乗ってしまえば新たなカードを作ることはできないですか?今使ってるカードで買い物ができないのは分かりますが全然別のカードだったらのではないかと思ってしまっています。もう二度とカードが持てないあるいはもう二度とローンも組めないと思うと個人再生の道しかないのかと、迷っているところです。
もうブラックリストに載ってるかということですが弁護士が介入していて再生の通知が会社に届いたのであればもう完全にブラックの一員です。さらに二度とクレジットカードが使えないことやローンが通らないことを心配されていますが、同時にご自身が買い物依存症でありカード中毒であることも分かっておられます。カードを持ちたいという気持ちも分かりますがやはり買い物依存屋カード中毒を治療される方がいいですよ。専門的なカウンセリングセラピーを受けるのも一つの方法でしょう。そのお金がないのであればまずはご自身でカードを持たないと言う治療を進めてください。今持っている現金以外では何も買わない、そういった生活をするだけでも十分買い物中毒やクレジットカード中毒の治療になります。さらに民事再生をすると裁判所に記録はずっと残ります。ローンも組めなくなります。ローンが組めないことは残念かもしれませんが、考え方を変えるということで頑張ってください。お金との付き合いは一生の課題だと思います。
債務整理は借りているお金の元本と利息の全部あるいは一部分を免除してもらうということです。要するに借りてるお金を返さなくていいと言う、借金の踏み倒しということですね。ですからあなたにお金を貸していたカード会社、その関連している銀行や金融機関、そういったところにお金を借りていたのに返さなかったという不義理をしたということです。そんな不義理をしたら信用を失うのは当然であって、クレジットカードも住宅ローンも、使うことはできないです。だってもしあなたにまたクレジットカードをしまったら使うだけ使って愛してくれない可能性が高いから。これは自己破産であっても個人再生であっても同じだと思います。ただ個人再生である場合は出払って支払いが完了してあと5年ぐらい経てば、審査の甘いクレジットカードなら持てるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする