自己破産手続きをしている最中のクレジットショッピング

スポンサーリンク

自己破産手続きをしている最中のクレジットショッピング

現在自己破産申請中です。債権者には弁護士経由で通知してもらっています。でもどうしても欲しいものがあり、まだ通知していない会社のクレジットカードで、ショッピングをしました。買い物は借金ではないと思っていたのですが、友人に聞いたらクレジットでのキャッシングではないとはいえショッピングをすればそれは借金だよと言われました。確かにそうですよね。この場合今回使ってしまったクレジットカードの会社に、その旨を連絡して、支払いをストップさせるべきでしょうか。あるいはそのぶんはまずは返して、なかったことにするべきですか。もしそうすると偏った弁済になってしまうということで、弁護士さんに怒られそうだし。また内緒にしておくと、詐欺的借入と言われるのも嫌です。
今あなたは自己破産の手続きをしようとしているわけですよね。債権者に通知したあと、クレジットでショッピングをしたということですね。まだ裁判所の破産開始決定をいないのでしょうか?また自己破産はそもそも、今の自分の財産より、借入額の方が超過しているために支払うことができない。なので借りているお金を返さなくていいように、免責をしてください、ということが自己破産ですよね。となると、ご自身の借入額が膨らみ過ぎていてもう支払えないことが分かっているのに、自己破産申請する前にお金を借りてショッピングしたと言うことになります。もちろんこれはショッピングが借り入れではないと勘違いしていたという言い訳は通用しないです。なのでこれから自己破産の申請をしたら、裁判所を騙すことになります。訴訟詐欺とも言われますが、こういった事実があると、自己破産の申請をしても免責してもらえないケースがあります。あなたの場合自己破産できなくなる可能性があります。クレジットによるショッピングが、借金だって知らなかった、といえば強するということであれば誰もがその手法でどんどん借り入れしますよね。なので法律の世界では、勘違いしていたからごめんなさい許してください、というのは通用しないです。今回のケースでは、新たに作ってしまったショッピングクレジットの借金だけを払ってしまいその後に自己破産するということも検討したいところですがこれは難しいと思います。裁判所に見抜かれてしまうからです。こういったケースはすごく多いので、裁判所も対応になれてます。こっそり借金して後から自己破産しようという人を逃さないための仕組みがあるのです。
借りているものを弁護士に話したらどうでしょうか。弁護士の方も聞いてくると思いますから、うっかり使ってしまったという言い訳を使ってもいいので弁護士さんには正直に伝えましょう。最悪なのは後から実はあと告白することです。そうすると弁護士に対しても嘘をつきすり抜け用としているとみなされ追加申請を出さなければならなくなります。自己破産がもし認められなかったら、借り入れしているお金に追加して、申請している間の延滞料みたいなものも払わなければならなくなります。5年から7年、カードは全然使えなくなります。また金融機関、銀行から借り入れすることもできなくなります。また身分証明書を必要とする会社には就職もできません。

自己破産はしないで借金を放置しておいた方が良い?

私は現在クレジットカードやキャッシングでたくさんの借金を背負ってしまいました全部で500万から600万くらいあります。それ以外作ってしまったクレジットカードで合計50万円ぐらいの借り入れがあります。もちろん自分自身が所有する財産などありません。無職で収入もないです。それは5年ぐらい前からうつ病で働けなくなってしまいました。父親と一緒に住んでいて父親に扶養されています。これから働けるかというと若干難しいかなと。親の財産だってほぼありません両親は年金で暮らしていて二人の合わせて20万もないくらいです。
私はこれで債務整理をする必要があると思い相談しました。すると自己破産するのは人生で一回しか使えない大変貴重なカードですから、考えて使わないと駄目です。あなたの場合は破産宣告を受けずに放置したらどうでしょうか?という意見もありました。これについて大変驚きましたが自己破産をしないという方法もあるのでしょうか。ほっといたらどうなるのか、なぜ借金を放っておいた方がいいのか聞きづらく、理由がよくわからないのですがご存知の方教えてください。
弁護士と言っても債務整理をやってる人でしょうか?弁護士にも色々いて債務整理に詳しくないと借金なんか放っておけばいいとか適当なことを言って相談料だけを取る先生もいますよ。もし弁護士というのに自己破産できる人に対して借金を放っておけなどと言ってるのであれば、弁護過誤として人から損害賠償の請求受けてしまうこともあるようないい加減の説明ですね。とはいえ今回の弁護士さんの助言が館ひどいとか詐欺的な方法を使って騙し塗料に借りているなど、仮に自己破産申請をしたとしても免責されるわけがないと言った事例であればほっておいた方がいいと言われることがあるかもしれません。根本的に債務整理で解決できるような問題でない場合は、このまま借金を放置しておいたほうがいいという助言に結びつくかもしれません。でも、あなたの場合そういった事例でもなさそうですよね。ならばやはり弁護士は義務を放棄して、あなたの相談に乗らなかったということになると思います。なので他の弁護士さんにいちから相談をされることをお勧めします。あなたの場合自己破産をされた方がご両親のためにもいいのかもしれないと思われます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする