自己破産申請中にお金を借りたい

スポンサーリンク

自己破産申請中、通帳の扱い

私の夫が、今自己破産の申請をしている最中です。この借金は私と結婚する前に作ったらしいです。今は私が持っているアパートに一緒に住んでいて彼は働いていますが収入は乏しく費用は私が口座から引き落として支払っています。今いろいろ自己破産の書類を揃えています。私の通帳を必要ないのか、弁護士さんに聞いてみたのですが、今はいらないと言われました。しかし裁判所から連絡があって、やっぱり私の通帳を見せてもらう必要があると連絡がありました。今私たち夫婦は銀行口座に1円も残ってません。そのぐらい残高はありません私もクレジットカードを支払いが結構毎月多くあります。そのために引き落としが結構されているのですけどこの口座を見られて裁判所から何か言われますか?通帳にカードの引き落としが毎月あると何か自己破産に不利になりますか。妻である私の通帳を見るというのはお金を隠し持っていないか確認するだけではないか?と思っているのですが実際のところどうなのでしょう。弁護士さんの所には3日ぐらい後に行かなければならずとても怖いです。配偶者が自己破産となるととても大変ですね手続きもとてもめんどくさいし。
財産が隠されていないか奥様の通帳を確認するだけだと思われます。今奥様の口座にも多額の貯金が収まっているということでないようですし、おそらく確認されて通帳をコピーされみてもらうだけで、自己破産に不利になるとか怒られるといったようなことはないですよ。ご主人が自己破産をしたとしてもあなたの名義のお金や家族の持っている財産が借金のカタにされてしまうことはないです。アパートやマンション自宅があったとしても、名義が奥様のものであればおそらく影響はないと思います。注意が必要なのは自己破産をしようとしている人の収入で買ったモノが、奥様やご家族の名義になっている時です。裁判所は自己破産する人の所得隠しにはすごく疑いをかけていますよね。なのでご夫婦の通帳は必ずチェックされます。ご主人が日雇いかなんかで得た収入を奥様の通帳に振り込んで隠し持っているということはよくあることです。すぐ割れますよね。また収入の関係をチェックするという意味もあるようです。裁判所でも自己破産の申請者本人ではありませんからその辺りは失礼な対応はしませんよ。通帳はチェックするだけだと思います。そしてその日にすぐに返してもらえるはずです。結婚前に背負った借金ということですよね?だったら奥様であるあなたには、何の責任もないはず。借金の債権者であっても、あなた自身には何か権力を行使することはできません。そして裁判所であっても同じく、奥様にしつこく債務を迫ることもありません。

自己破産申請中に本人が亡くなったら?

自己破産申請してる最中に破産しようとしている本人が死んでしまった場合はどうなるんでしょうか?
私の実家の話なんですが、私の実家ではある事業を行っていました。その授業で社長をしていたのは私の叔父です。失敗で多額の事業負債を抱え、自己破産を申請しておりましたが数ヶ月前事故で亡くなりました。借金について叔父は連帯保証人として私の父を指名しておりました。今大路が背負っている借金がどのくらいあるか計算中なのですが、もしかしたら父は多額の負債を支払わなければならなくなるかもしれません。それでもし大変長くであれば父も自己破産しなければ生活できなくなってしまうかもしれずとても不安です。叔父が死んでしまい父の家族である私たちどういう風に影響があるか考えている最中です。もしおじが生命保険に入っていて、その生命保険料で借金を返すことができたら家家には借金を支払う義務が免除されるのでしょうか。あるいは自己破産申請者が亡くなった場合は借金そのものが消えるとか、そういった制度などありませんか?
生きてるかお亡くなりになってるか、そういったことに関係なくお父様が連帯保証になれば、おじさんの背負った借金をおじさんが返さなければあなたのお父さんがありますね。おじさまは自己破産を申請されてたということですから返済は滞っていたそして返せるあではなかったということですね。そうなると貸した金を全部払ってくれと債権者が迫ってきていたのではないでしょうか。お子様のご家族例えば子供山様奥様は相続の放棄をしてしまうとが残した借金は家族が払う必要がなくなります。しかし連帯保証人となっている人はその借金から逃げることはできません。もちろんお子さんが入っている生命保険があってそれがおじさんの死去によって死亡保険金が支払われるのであればそのお金を借金の返済に充填してもいいと思います。いずれにせよ弁護士に相談してあなたのお父様にとって一番良い方法を選ぶべきだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする